隆慶一郎

隆慶一郎

(リュウケイイチロウ)

1923~1989年。東京都生まれ。東京大学仏文科卒。本名の池田一朗名義で脚本家として活躍、映画『忍者秘帖 梟の城』、『城取り』、テレビドラマ『鬼平犯科帳』、『破れ奉行』、『隠密奉行』などを担当する。1984年に『吉原御免状』で作家デビュー。網野善彦の歴史研究を援用することでリアルな伝奇世界を作った『影武者徳川家康』、『一夢庵風流記』などの諸作は圧倒的な人気で迎えられ、1980年代後半の時代小説ブームを牽引、後世の作家にも多大な影響を与える。人気絶頂の1989年に未完の作品をいくつも抱えたまま急逝、多くのファンに衝撃を与えた。(2013年6月5日現在)

 龍馬の生きざま

龍馬の生きざま

没後150年特別企画 日本人のヒーローの真実! 人々が見た龍馬の魅力とは?

没後150年特別企画。坂本龍馬はいかに生き、死んだのか。妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井、人斬り以蔵他が見た龍馬の真実。

  • A6(文庫)判352ページ
  • 20170202発売
  • 本体価格 648円+税
  • ISBN 9784408553450
  • 在庫あり
 軍師の生きざま

軍師の生きざま

生きうる限り、本望を遂げよ

池波正太郎、坂口安吾、隆慶一郎ほか豪華作家陣が、将軍に仕えた名参謀たちの人生を描いた、エンターテインメント時代短篇小説集。

  • A6判432ページ
  • 20130605発売
  • 本体価格 686円+税
  • ISBN 9784408551333
  • 在庫あり
 龍馬の天命

龍馬の天命坂本龍馬 名手の八篇

龍馬の周辺人物は彼をどう見たか――

妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井信郎、人斬り以蔵、陸奥宗光など。龍馬の生涯に新たな光を当てたアンソロジー。

  • 四六判上製280ページ
  • 20100120発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408535661
  • 品切重版未定