松本典久

松本典久

(マツモトノリヒサ)

1955年、東京都生まれ。東海大学卒業。出版社勤務を経て、1982年からフリーランスの鉄道ジャーナリストとして活躍。鉄道や旅などを主なテーマとして執筆し、鉄道専門誌「鉄道ファン」などに寄稿するとともに、鉄道や鉄道模型に関する書籍、ムックの執筆や編著などを行なっている。著書や編著書、監修書は数多く、代表的な近著に『時刻表が刻んだあの瞬間――JR30年の軌跡』(JTBパブリッシング)、『東京の鉄道名所さんぽ100』(成美堂出版)、『Nゲージ鉄道模型レイアウトの教科書』(大泉書店)などがある。(2017年12月現在)

 ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020

ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020

山手線は、グルグル回って90年以上!

新宿駅や渋谷駅の大改造、原宿駅の改築、品川新駅の開業、新型電車と話題が続く山手線。駅と街の面白さ、ますます深まる!

  • 新書判208ページ
  • 20180110発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 9784408337593
  • 在庫あり
 ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎

ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎

「山手線」命名100周年記念出版!

2009年は山手線命名100周年。東京の中心部をぐるっと囲む山手線の歴史から車両や路線、各駅の逸話まで、山手線の面白話満載。

  • 新書判224ページ
  • 20090807発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 9784408107738
  • 品切重版未定