藤沢周平

藤沢周平

(フジサワシュウヘイ)

1927年山形県鶴岡市生まれ。山形師範学校卒業。業界紙勤務を経て71年「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞し、本格的な作家生活に入る。73年「暗殺の年輪」で第69回直木賞、86年『白き瓶』で吉川英治文学賞を受賞する。著書に『蝉しぐれ』『用心棒日月抄』『隠し剣秋風抄』『橋ものがたり』『三屋清左衛門残日録』などがある。1997年死去。

 橋ものがたり 愛蔵版

橋ものがたり 愛蔵版

2017秋ドラマ化!

時代小説の名手藤沢周平の市井物の代表的名作を愛蔵版で娯しむ――没後20年、生誕90年記念出版。今秋、待望のドラマ化決定!

  • 四六判372ページ
  • 20170727発売
  • 本体価格 2400円+税
  • ISBN 9784408537108
  • 在庫あり
 初つばめ

初つばめ「松平定知の藤沢周平をよむ」選

今こそ読みたい人情と希望。庶民の哀歓を描く名作短篇集

「チャンネル銀河」の人気番組で紹介された名短編と江戸のウンチク、作品の舞台めぐりを楽しむ一冊。番組案内役・松平定知の解説!

  • A6判352ページ
  • 20111203発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 9784408550633
  • 在庫あり
 橋ものがたり[新装版]

橋ものがたり[新装版]

あの名作が大きな文字で読みやすくなりました。
愛娘・遠藤展子氏の特別エッセイも収録!

没後十年・藤沢周平が橋を舞台に江戸の市井に生きる男女を描いた名作短編集。愛娘・遠藤展子氏が父との思い出をつづるエッセイ併録。

  • 四六判上製362ページ
  • 20070217発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 9784408535050
  • 品切重版未定