ニュース

ブロックチェーン技術を活用した「出版コンテンツの総合的な権利処理基盤の構築」に向けた実証実験開始のお知らせ

共有する
ブロックチェーン技術を活用した「出版コンテンツの総合的な権利処理基盤の構築」に向けた実証実験開始のお知らせ ~経済産業省の助成対象にも選出~

株式会社実業之日本社(登記上の表記は「實業之日本社」、本社:東京都港区、代表取締役社長 岩野裕一)は、ブロックチェーン技術を活用した「出版コンテンツの総合的な権利処理基盤の構築に向けた実証実験」を開始いたします。

出版コンテンツについては、コンテンツの種類や形態、著者と出版社の関係が多様かつ複雑で、さまざまな契約が併存するうえに、出版社には著作隣接権が付与されていないため、著作権や出版権の一元的な集中管理はきわめて困難な状況です。
この実証実験では、出版業の基盤となる「著者(著作権者)と出版社の合意」、すなわち「著作物利用許諾契約」においてなされた掲載や販売等に関する合意内容と契約の存在を記録する「総合的な権利処理基盤」を、ブロックチェーン技術を使った分散型プラットフォームによって実現するとともに、将来的には「著作権処理の自動化」をめざします。
具体的には、電子署名と連携した形でのブロックチェーンへの記録により、コンテンツの利用が「著作権者の公認かであるか、ないか(正規版であるか、海賊版であるか)」を、誰もが客観的に認識できるようにするほか、二次的利用や出版権消滅後の利用、あるいは二次創作などに関する合意内容のオープン化、電子契約(スマートコントラクト)や暗号資産(仮想通貨)による決済も可能な拡張性を持つ設計とすることで、多様な出版コンテンツの流通を促すことを企図しています。
なお、このプロジェクトにおいては、株式会社ゼタント(本社:東京都中央区、代表取締役 久保健)、株式会社コンテンツジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役 堀鉄彦)の協力を得て、一般社団法人ビヨンドブロックチェーンが開発した純国産のブロックチェーン基盤である「BBc-1」を使用することも大きな特徴のひとつです。

当社はこれまでも、株式会社Jコミックテラス(本社:東京都千代田区、代表取締役 佐藤美佳)の運営する「マンガ図書館Z」と提携して、当社が過去に発行した作品のうち、現在販売していないもので著作権者の許諾を得られたものを無料で公開する〝海賊版サイト対抗“の実証実験を行うなど、従来の考え方にとらわれないコンテンツの有効活用に取り組んでまいりました。
また、当社は現在、ブロックチェーンを利用したアートの所有権登録と移転登記サービスを提供するウェブサイト「regist ART」を運営する株式会社レジストアート(本社:東京都港区、代表取締役 竹林陽一)の筆頭株主であり、アート分野におけるブロックチェーン活用で先行する同社との連携をさらに強めながら、ブロックチェーンおよび著作権ビジネスに関する知見を深め、関連業界のさらなる発展に寄与する所存です。

将来の事業化をめざして行うこの実証実験は、経済産業省が推し進める「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金によるデジタル技術を活用した先進性の高いコンテンツ等の開発等を行う事業の支援」のうち、「ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関するシステムの開発・実証支援」の補助対象に採択され、本日公表されております。
>>公表ページはこちら<<



●本件に関する報道関係の方のお問い合せ先

株式会社実業之日本社 管理本部:横山
>>お問い合わせフォームはこちら<<



【株式会社実業之日本社 概要】

会社名:株式会社実業之日本社
設立: 1897年6月10日
資本金:33百万円
代表者:代表取締役社長 岩野 裕一
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9 レキシントン青山4階