こねこのヨメ入り

タグ
シリーズ
  • A5判128ページ
  • 2014年07月10日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-61286-7
  • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません

第1話を試し読み

こねこのヨメ入り

内容紹介

命短し、恋せよ こねこ。

しゃべる猫と結婚した人間のぼく。
寿命が違うからこそ、君とのなんでもない毎日が愛おしい!


ここは、しゃべる猫が生息する岡山県子猫島。子猫島では江戸時代からの風習で、しゃべる猫と人間との結婚が許可されています。そんなことはつゆ知らず、名産であるジーンズ作りにあこがれて、東京からIターンでこの島に移り住んだぼくにとっては、毎日がびっくりすることばかり。

ある夜、ジーンズ工場で働く子猫「こねこね」にプロポーズされたぼくは、ついにアニマル婚を決意。しかし「こねこね」は言葉をしゃべるとはいえ、寿命はふつうの猫と同じ。生き物としての垣根を越えた結婚には、家族の反対や生活習慣の違いなど、さまざまなハードルが立ちはだかります。

『こねこのヨメ入り』は、岡山県子猫島という架空の島を舞台に、岡山弁をしゃべる「しゃべり猫」と、岡山のジーンズメーカーにあこがれて東京からIターンした30歳の青年との恋と結婚を描いた、まったく新しいタイプの猫マンガです。著者のオノフミさんは、岡山県倉敷市玉島在住のマンガ家。代表作『もい鳥』シリーズは4冊累計12万部を超え、キャラクターグッズも数多く発売されるヒット作となりました。2014年7月には香港岡山倶楽部会長ジョセフ・チョウ氏とライセンスエージェント契約を行い、海外展開もスタートします。