猫は神さまの贈り物<小説編>

タグ
シリーズ
  • 四六判180ページ
  • 2014年04月29日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-59410-1
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ブックサービス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
試し読みの提供は現在ありません
猫は神さまの贈り物<小説編>

内容紹介

本好きには、「紙」で読みたい本がある。

孤高を愛する人(と猫)のための、少しくせものな《猫》短篇集。
1982年発行の≪猫≫をテーマにしたアンソロジー『猫は神さまの贈り物』を<小説編>、<エッセイ編>に分冊。さらに新たな作品を追加し改訂復刊!

森茉莉、小松左京、星新一など、読書家垂涎の個性派作家たちが描く、一癖も二癖もある≪猫≫と、それを取り巻く少しあまのじゃくな人間たち。読後はまるで、心の深部を猫の舌でざらりと舐められたような、ひりっと不思議な味わい。

本改訂版<小説編>には室生犀星の詩を新たに収録。人気美術家・ミヤケマイの木版画によるカバーも美しい、頬ずりして愛でたくなる珠玉の2冊! 紙の本を読む楽しみを、まずはお手軽なソフトカバーで。

目次

【収録作品】(掲載順)
森茉莉 『黒猫ジュリエットの話』
吉行理恵 『雲とトンガ』
室生犀星 『猫のうた』 『愛猫』
佐藤春夫 『猫と婆さん』
小松左京 『猫の首』
梅崎春生 『大王猫の病気』
宮沢賢治 『どんぐりと山猫』
金井美恵子 『暗殺者』
星新一 『ネコ』