紫の女

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判304ページ
  • 2018年12月06日発売
  • 本体価格 630円+税
  • ISBN 978-4-408-55452-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
紫の女

内容紹介

なぜ“誰かの女”に欲情するのだろう?
性愛小説の女王が描く、現代の『源氏物語』

「源氏物語」をモチーフに、禁断の関係におちてゆく男女の情愛の行方を
艶やかな筆致で描く、粒ぞろいの官能短編集。
若い部下に妻を寝取られたことを知った夫は、部下にある命令をし(「若菜」)、
客を誘惑したタクシーの女性運転手には、秘められた過去が(「夕顔」)――
古典に新たな命を吹き込んだ、7つの欲望の物語。
解説/大塚ひかり
装画/松浦シオリ