処女刑事歌舞伎町淫脈

タグ
シリーズ
  • A6判328ページ
  • 2015年01月31日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55207-1
    • 在庫あり
処女刑事

内容紹介

巨悪の影に淫脈あり。処女喪失の危機!

東京五輪を控え、都庁と警視庁は「日本の恥」である新宿歌舞伎町の性風俗浄化を計画。新宿七分署に「性活安全課」を新設した。美人キャリアの真木洋子を筆頭に、マル暴出身のベテラン刑事、万引き担当で身体検査を得意とする女性警官、IT専門担当官、本庁公安部外事課出身のスーパーエリート、道路案内に詳しく交番勤務が長かった体育会系、丸の内のOLっぽい庶務課の女子など、7人の精鋭(!?)が集結。女性刑事たちは「業務挿入」もいとわずピンサロ潜入捜査に乗り出すが、裏風俗を取り仕切る巨悪の影には……。団鬼六賞作家が贈るハードボイルド・エロスの決定版。エンターテインメント警察官能小説が誕生!

目次

第一章 圧力
第二章 潜入開始
第三章 業務挿入
第四章 ハニートラップ
第五章 淫謀
第六章 東京淫脈
第七章 淫撃セブン