彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪

タグ
シリーズ
  • 四六判328ページ
  • 2017年08月22日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-53713-9
    • 在庫あり
彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪

内容紹介

大人気「浜村渚の計算ノート」シリーズ著者が贈る、
新感覚時代×数学ミステリー!

罠だらけのからくり屋敷から得意の算法で脱出できるか!?
大人気「浜村渚の計算ノート」シリーズ著者が贈る、新感覚時代×数学ミステリー!

常陸国牛敷藩の下級武士の娘・車井彩菊は、おしゃれが大好きな十七歳。
算法が得意で寺子屋で教えている。
そんな彩菊がひょんな縁で、水戸藩の名家・高那家の三男・半三郎のもとに嫁ぐことになった。

水戸に来て早々、彩菊と半三郎はお城に呼ばれ、
からくり仕掛けを愛好する谷田部藩新町村の名主・飯塚伊賀七と対面する。
伊賀七は、とある山寺のからくり好きの坊主が突然亡くなり、
成仏しないまま幽霊となって寺にとりついていると語る。
からくりの張り巡らされた寺に潜入し、
得意の算法で成仏させてほしい、というのだが――(第四之怪)。

キュートな彩菊が、半三郎(算法はからきし…)と力を合わせて、
妖怪や幽霊が起こす事件を解決する、痛快ミステリー。
数学ってこんなに面白いんだ、と実感できる大好評「彩菊あやかし算法帖」シリーズ第2巻!

【装画】友風子

【目次】
第一之怪 彩菊と雷獣針供養
第二之怪 彩菊と夜桜人形
第三之怪 彩菊と鮟鱇七道具神
第四之怪 彩菊とからくり寺
第五之怪 彩菊と夢幻コロポックル
第六之怪 彩菊と虚ろ舟