ぐるぐる♡博物館

タグ
シリーズ
  • 四六判256ページ
  • 2017年06月16日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-53707-8
    • 在庫あり
ぐるぐる♡博物館

内容紹介

好奇心とユーモア全開の、胸躍るルポエッセイ!

人類史の最先端から秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検!
好奇心とユーモア全開の愉快なルポエッセイ。

博物館が大好きな著者が、興味のおもむくまま、全国のおもしろそうな博物館を訪問。
まじめに、ときに妄想を膨らませつつ、お宝や珍品に迫ります。
「なぜ、こんなにたくさん集めなすった!?」という著者の素朴な疑問に答えてくれるのは、
慎み深くも超キャラ立ちした学芸員さんたち。
話はついつい脱線し――。
人類史、鉱物、漫画、SM、服飾、地場産業、伝統工芸etc、
さまざまな世界の魅力を、著者の視点を通じて愉快に楽しめます。
カラー写真も多数収録。

実業之日本社創業120周年記念作品

【◎この本でぐるぐる旅した博物館】
茅野市尖石縄文考古館(長野)
国立科学博物館(東京)
龍谷ミュージアム(京都)
奇石博物館(静岡)
大牟田市石炭産業科学館(福岡)
雲仙岳災害記念館(長崎)
石ノ森萬画館(宮城)
風俗資料館(東京)
めがねミュージアム(福井)
ボタンの博物館(大阪)
書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」熱海秘宝館/日本製紙石巻工場/岩野市兵衛さん

「人間って不思議だ。なぜ、こんなに知りたいんだろう。
なぜ、こんなにもなにかを愛し探究するひとがいるんだろう。
その不思議がつまっているのが、博物館だ。だから、博物館が大好きだ」
(あとがきより)