マル暴総監

タグ
シリーズ
  • 四六判上製392ページ
  • 2016年05月20日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-53683-5
    • 在庫あり
マル暴総監

内容紹介

警視総監は暴れん坊!?

チンピラが路上で睨みあっているとの通報を受けて、現場に駆けつけた北綾瀬署のマル暴刑事・甘糟。人垣に近こうと思ったそのとき「待て、待て、待て」と大きな声がかかり、白いスーツを来た恰幅のいい男が割って現れた。翌日の夜、チンピラのひとりが刺殺体で発見される。捜査本部が立ち上がり甘糟とコワモテの先輩刑事・郡原も参加するが、捜査線上に浮かんだ意外すぎる人物に翻弄されることに――。
“史上最弱の刑事”甘糟の奮闘ぶりに笑って泣ける〈マル暴〉シリーズ、待望の第2弾。〈任侠〉シリーズの阿岐本組の面々も登場!

「『マル暴総監』は、驚きと意外性と人情、そしてもちろん面白さもたっぷりと詰まった、歴史に残るような快作だ。いやこれは冗談などではない。ある意味で伝統的な手法とも言えようが、現代の警察小説において、まさかこんな形となって作品化されるとは思いもよらなかった」――関口苑生(文芸評論家)
『月刊ジェイ・ノベル』2016年6月号より抜粋