廃道探索 山さ行がねが

タグ
シリーズ
  • A6判352ページ
  • 2016年07月30日発売
  • 本体価格 840円+税
  • ISBN 978-4-408-45671-3
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
廃道探索 山さ行がねが

内容紹介

渡る! 潜る! 突破する!
失われた道路を求めて大冒険!

廃道サイト『山さ行がねが』が本になった!
「廃道」とは、使われなくなった道路のこと。ここでは、明治以降に造られた、車両が通るための道を「廃道」という。一見、道路はいつまでもそこにあるように思えるが、時代とともに新しい道に切り替わっていく。それは、増大する交通量に対応するためだったり、その道路の本来の用途がなくなったときだったり。本書では、そうした廃道を、自転車で、あるいは徒歩で、走り(歩き)通す。

ベースとなったサイト『山さ行がねが』は、廃道に限らず、廃線、トンネルや橋梁などの土木構造物、地域の歴史などを検索すると、しょっちゅうトップにヒットするWEBサイト。膨大な調査と考察、資料性の高さは、随一のもの。それゆえにWEBサイトに掲載された廃道レポートは一つの道路で優に文庫1冊分の分量があり、書籍化が難しいと考えられていたが、今回、WEBサイトのテイストや見せ方は大切にしつつ、大胆に再構成して八つの廃道を収録。

明治時代にある人物の執念でトンネルを掘ったが志半ばで放棄された道、過疎化で集落が消滅した後で道も消滅しかけた林道、夢想ともいえる計画を実行に移すも儚く潰えた未成道路…。地図、写真を駆使した新たな「廃道紀行文」、ここに誕生!

目次

第1章 加須良林道(岐阜県・富山県)
第2章 数坂隧道(群馬県)
第3章 三郷スカイライン(長野県)
第4章 千頭森林鉄道大間川支線(静岡県)
第5章 束松新道(福島県)
第6章 鵲橋(栃木県)
第7章 鳥越林道(三重県)
第8章 武陵洞(千葉県)