雅ノート勝負師としての相撲哲学

タグ
シリーズ
  • 四六判208ページ
  • 2014年01月18日発売
  • 本体価格 1429円+税
  • ISBN 978-4-408-45487-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
雅ノート

内容紹介

勝負の世界に生きた男の力士ノート

相撲は心理戦だ。そう語る著者は、なぜ35歳を超えて相撲を取り続けられたのか。相手を徹底的に分析し、勝機を見いだす。根性論だけではない勝つための相撲論! 元大関・雅山が教える勝つための術がわかる。

目次

第一章 「引退する」ということ
誓いの年
琴奨菊からの手紙
最後の勝ち名乗り
苦しんで手にした白星

第二章 水戸のガキ大将
4500gの男の子
初めての相撲大会
尾曽さんとの出会い
憧れだった琴椿関
高見盛との初対戦
武双山関の強さ
中学横綱への道
自分で考えさせる指導法
もっと強くなりたい
一流の人が持つ哲学

第三章 「平成の新怪物」と呼ばれて
明大相撲部へ
親父が入門に反対した理由
2場所連続幕下優勝
十両の「門番」
平成の新怪物と言われて
ザンバラ髪の幕内力士

第四章 大関の呪縛
貴闘力関のプロ根性
大関への道
周りの厳しい目
やり直すチャンス
若竹色のまわしに込められた思い

第五章 大関復帰を目指して
貴乃花関、現役最後の場所
親父の死
白鵬関との優勝決定戦
大関昇進見送り
つらかったおふくろの死

第六章 ノートの存在
作り上げた人間像
豪栄道の強さ
稀勢の里のハート
心の強さとは
大久保さんからのアドバイス

第七章 新たなる相撲界へ
相撲の見方が変わった
はたきは技術
モンゴル、ヨーロッパ出身力士たちへの対応
スポーツ選手の引き際
引退に追い込む記者
次男・雅高の死