針子少女

タグ
シリーズ
  • B6判178ページ
  • 2015年09月16日発売
  • 本体価格 741円+税
  • ISBN 978-4-408-41425-6
  • 在庫あり
針子少女

内容紹介

ロリィタ服と人形で あたしは…強くなれる。

「その日、あたしは 人生最大の勇気で
 良い行ないをしたハズだった…のに……
 その日から 人生のすべてが ぶっ壊れた――」

テニス部に所属する主人公・山根ちやは、ある日、部活中に仲間のいじめを注意した。だが、その瞬間から彼女の生活が一変することに――。焼却炉に放り込まれた自分の制服……。学校に行くことが怖くなった山根は、学校から借りた代わりの制服(間違えて男子用を支給された)をお洒落にカスタムすることで自分を奮い立たせていた。しかし、学校に行くと、いじめはさらに露骨なものになっていた……。

そんな中、山根は同じクラスで、やはりいつも一人ぼっちの鹿野小夜子の存在が気になりだす。鹿野がスカートの下にドロワーズをはいていたからだ。鹿野が自分と同じようにロリータパンクが好きなはずだと考えた山根は「友だちになりたい」とライブに誘うのだが……。

イジメや孤独と闘いながらも、自分らしく前を向いて生きる少女たちの勇気と友情の物語――。人形衣装作家である著者が、漫画という表現に挑む! ロックでパンクな【熱】がこもった感動作がついに単行本化!