江戸幕府要職の表と「裏」がよくわかる! 徳川十五代を支えた老中・大老の謎

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2017年11月02日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-33743-2
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
徳川十五代を支えた老中・大老の謎

内容紹介

意外と知らない江戸の権力者の実像がわかる!

田沼意次・松平定信・水野忠邦・井伊直弼……
これ以外に老中・大老、知ってますか?(100名以上います!)

日本史の授業では数人習った程度でその実態はあまり知られていない「老中」そして「大老」。
本書では、老中・大老が実際はどんな地位にいて、どんな仕事をしていたのか解説し、
さらには有名無名を問わず、老中・大老たちの面白エピソードを時系列順に掲載する。
老中・大老の知られざるエピソードを読んでいくうちに、
気づけば江戸時代初期から幕末までの世の中の動きが理解できる、
ちょっと変わった側面から描いた江戸時代通史としても役立つ!

【本書構成】
はじめに
徳川幕府年表および老中・大老一覧

序章 老中・大老とは 知られざる幕閣たちの姿
老中の真実!実は大して偉くなかった?/大老に任命されるのは珍しいことではなかった?/
老中の1日 など

第1章 天下泰平の国づくりに奔走 江戸初期の老中・大老たちの面白エピソード
・火あぶりから遺子七人殺害まで〜激しかった権力争い[本多正信と大久保忠隣]
・最初の大老は家康の隠し子だった?[土井利勝]
・「もはや人ではない」と称された知恵者[松平信綱]
・老中になれたのは、将軍の男色相手だったから?[堀田正盛]
・虫を食って出世した?[久世広之]
・「暗殺された大老」といえば?[堀田正俊] など

第2章 幕政再建に大わらわ 江戸中期の老中・大老たちの面白エピソード
・改革を支えた老中が罷免された理由とは?[松平乗邑]
・田沼への恨みが改革の原動力[松平定信]
・おしゃれが原因で失脚した老中[阿部正倫]
・祖先は江戸城の主だった?[太田資愛] など

第3章 改革、開国の手綱とり 江戸後期〜幕末の老中・大老たちの面白エピソード
・意外な人の子どもだった真田家の老中[真田幸貫]
・前代未聞の国難に立ち向かった若き老中[阿部正弘]
・自分の死を予感していた?[井伊直弼]
・死んだ井伊直弼を見舞った老中[安藤信正]
・尊王攘夷派から将軍を救った男[小笠原長行]
・最後の大老と老中の意外な関係[酒井忠績と酒井忠惇] など

第4章 大老四家の全系譜 江戸幕府を率いてきた土井・酒井・堀田・井伊家のすべて
大老とは/土井家/堀田家/酒井家/井伊家

おわりに