股関節を動かして一生元気な体をつくる

タグ
シリーズ
  • A5判128ページ
  • 2013年07月18日発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 978-4-408-21501-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
股関節を動かして一生元気な体をつくる

内容紹介

1日3分、寝たきりにならない体に!

股関節は体の上半身と下半身をつなぐ大きな関節です。ここを動かすということは、体全体を動かすということ。つまり元気な体をつくるベースになるのです。この股関節が固まってしまうと、その下にあるひざや足首に大きな負担がかかり、足腰の衰えにつながってしまいます。股関節の動きをスムーズに保つには、インナーマッスルの腸腰筋のトレーニングか効果的です。けれども、この腸腰筋、普通の筋トレやストレッチでは鍛えることが難しい筋肉なのです。

そこでお勧めなのが「シコトレ」。「シコトレ」とは、お相撲の「しこ」「腰割」「てっぽう」などの基本トレーニングのこと。日本伝統の相撲の中には日本人の英知が詰まっていました。本書ではその「シコトレ」を写真とイラストで、わかりやすく詳細に紹介しています。力まず無理をしないのが「シコトレ」の一番のこつ。物足りないくらいでちょうど良い運動になります。だから毎日、ちょっとした空き時間に短時間行うだけで、大きな効果が得られるのも、忙しい現代人には嬉しいポイントです。