街角図鑑

タグ
シリーズ
  • 四六判160ページ
  • 2016年04月28日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-11183-4
    • 在庫あり
街角図鑑

内容紹介

パイロン、マンホール、送水口、段差スロープ…
集めることで見えてくる、街角デザインの秘密!

パイロンの役割とはなんだろうか。注意喚起と物理的な柵として使われることがほとんどだろう。そこでちょっと考えて欲しい、パイロンを柵として設置した人の気持ちの奥底を。それは、私有地にあるのか公有地にあるのか。固定されているのか動かせるのか。数は? 間隔は? メンテナンスは?

そう言われると、街中のパイロンが気になってくる。赤いの、赤白、上が欠けてるもの、ベースに錘をはめているもの、壊れているもの…。街中にある、私たちの生活に欠かせなかったり、とても重要な役割を果たしているものは、実は「視界に入っていなかった」だけ。そこに気づくと、俄然、街はおもしろくなる。

さらに、数を集めると、秘められたデザイン意図や、使う人の無意識が見えてくる。街歩きが楽しくなる、路上観察に目覚めてしまう図鑑です。

【寄稿】(掲載順)
境界標のなかま(小金井美和子)
舗装のなかま(石川初)
縁石・排水溝のなかま(石川初)
マンホール蓋のなかま(小金井美和子)
井戸ポンプのなかま(柏崎哲生)
あぶり出される境界線(石川初)
 仮設と常設/重力が支配する/指標としての路上園芸
路上園芸(村田彩子)
のぼりベース入門(伊藤健史)
勝手ミラー(磯部祥行)
雰囲気五線譜(大山顕)
装飾テント(内海慶一)
送水口のなかま(佐々木あやこ)
送水口鑑賞ノート(木村絵里子)
擬木のなかま(伊藤健史)
街角にあふれる「お店では買えないモノ」のデザイン(八馬智)

【本書で採り上げるもの】
パイロンのなかま
ガイドポストのなかま
防護柵のなかま
車止めのなかま
段差スロープのなかま
タイヤ止めのなかま
単管バリケードのなかま
のぼりベースのなかま
電柱の生態系
信号機のなかま
道路標識のなかま
街路灯のなかま
カーブミラーのなかま
回収ボックスのなかま
郵便ポストのなかま
透かしブロックのなかま
外壁のなかま
シャッターのなかま
擁壁のなかま
消波ブロックのなかま
街角を作る素材
フィールドワークのすすめ