Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号

タグ
シリーズ
  • A4判変型156ページ
  • 2016年09月14日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-06322-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号

内容紹介

最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団・フィスコ監修
まったく新しい経済・株式投資情報誌

いま、最も注目を集めているテーマのひとつである「フィンテック」。
米国を中心として静かに、しかし確実に広がりを見せている「フィンテック革命」は1990年代の「ネット革命」「IT革命」、そして「IPOバブル」の再来と指摘する人も少なくない。
しかし、現時点ではそれがどのように人々の生活を変え、社会を変え、市場に影響を及ぼしてくるのか、なかなか予想がつかない。

そこで本誌では、「フィンテック」の実態を明らかにし、今後どのような展開を見せていくのかを、さまざまな角度から掘り下げ、予見し、投資行動のひとつの指標となる特集を展開。
特集1では「フィンテック革命の現在位置」、
特集2は「日本のフィンテック業界マップ」、
そして特集3では「ビットコインとブロックチェーン」と題して、
この1冊で「フィンテック革命」とは何かがわかる誌面構成になっている。

もちろん、現在の市場における関連企業の分析も含めて、主要銘柄46の企業情報と業績、株価診断も紹介。
さらにフィンテック関連の未上場企業情報やビットコイン投資法についても解説する。

巻頭インタビューでは、フィンテックの本丸ともいえる「ビットコイン」がもた らす通貨革命を予見した書『仮想通貨革命~ビットコインは始まりにすぎない』 の著者で経済学者の野口悠紀雄氏が登場。
フィンテックやビットコイン、その基本技術であるブロックチェーンがもたらす社会変革について、その知見を披露いただく。
フィンテックの次にくるテーマとしては「VR/AR」を特集。
日本市場を揺るがす話題のテーマとして、市場での期待感と関連銘柄14を紹介。
さらにフィスコのアナリストが総力をあげて徹底検証した「日本主要企業400の株式動向」。
チャート、企業動向、株価診断など鋭く分析。国内の主要銘柄について、注目銘柄50、株価診断350銘柄を紹介する。

すべての銘柄や記事にQRコードをつけ、リアルタイムの情報は「フィスコアプリ」で確認できる、業界初の「雑誌とアプリの連動型」株式情報マガジンである。