料理と味でひもとく史実の新説!! 奇説!? "食”で謎解き 日本の歴史

タグ
シリーズ
  • 全書判192ページ
  • 2016年09月28日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-00890-5
    • 在庫あり

内容紹介

料理と食材が暴く、日本史の知られざる裏側!

源平合戦の勝敗を分けたのは、
「動物性たんぱく」摂取量の差だった……!?

食材と料理の価値観や位置づけは時代ごとに異なり、
時には歴史的事件に影響をおよぼすこともある。
本書はそうした「食」を切り口にして、
日本史のさまざまな事象を検証・読み解く。
学校の授業で習った歴史が違った角度から浮き彫りになり、
なじみの「あの食べもの」から、真実が見えてくる!

目次

パート1 意外なイメージ? 「歴史人物」の好物あれこれ
いかつい顔して、スイーツ男子!? 近藤勇は意外にも甘党だった
バナナは信長?ラーメンは水戸黄門?日本でアレを初めて食べた有名人
京都生まれの美食家・北大路魯山人。大好物はタブーなはずの「ぶぶ漬け」!
日本一の兵と呼ばれる前、真田幸村は九度山で焼酎を飲んだくれていた?
紫式部の執筆活動を支えたのは、貴族に忌み嫌われた「あの魚」だった!
米からつくられる「餅」を好んで食べ、「酒」はいっさい飲まなかった毛利元就

パート2 歴史を変えるカギとなった料理と食文化
その歴史は神話の時代から!忘れられた「塩の道」の秘密
庶民が立ち上がった正長の徳政一揆。酒屋が襲われたのは儲けすぎたから?
公家が50年間つけた日記からわかる、戦国時代の焼酎とおつまみ
キリシタン大名・高山右近が、小田原で主催した「牛肉パーティー」
将軍の好物「ショウガ」禁止が命取り。きまじめすぎた老中・水野忠邦
魚は腐っていなかった?味オンチな信長が招いた本能寺の変

パート3 なじみの食材が、日本史を翻弄する!
米/砂糖/コンブ/酒/味噌/醤油/肉/鮭/牛乳

パート4 食にまつわるおもしろ歴史話
史上最凶の裏切り者・小早川秀秋は、呪いではなく「アル中」で死んだ!?
暗君の代表格!? 北条氏政の「汁かけ飯」よりひどい「麦飯」の逸話
「由井正雪の乱」のせいで、スイカが流行するのに百年かかった
「土用の丑」を考えたのは、平賀源内ではなかった!?
賄賂政治家・田沼意次は、醤油、カツオ節、天ぷらで私腹を肥やした?
東郷平八郎の無茶振りから生まれた肉じゃが。海軍のビタミン不足を解消!