月刊J-novel2014年3月号

タグ
シリーズ
  • A5判変型
  • 2014年02月15日発売
  • 本体価格524円+税
  • 雑誌コード05103-0300-14
  • 品切重版未定
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
試し読みの提供は現在ありません
月刊J-novel2014年3月号

内容紹介

生まれたての物語をあなたに

ジェイ・ノベル3月号は、第12回北区内田康夫ミステリー文学賞の中間発表を掲載。この賞は、東京都北区生まれの内田康夫氏の協力を得て創設されたもので、今号は一次選考通過作品と、最終選考作品名の発表とあわせて、過去の受賞作家を大特集! 第六回大賞受賞・神狛しず氏の「蛍探偵の光らない推理」、第七回受賞者・岩間光介氏の「徘徊探偵 ギター男の憂鬱(ブルース)」、第七回特別賞受賞者・和喰博司氏の「所により雨」、第八回大賞受賞者・松田幸緒氏の「をさなごころ」、第九回大賞受賞者・安堂虎夫氏の「縞小袖裏見之深川」の6本の書き下ろし短編に加えて、第十一回大賞受賞者・高橋正樹氏の「最後のヘルパー」も再録。フレッシュな作品群をお楽しみください。

充実の好評シリーズは、乾ルカ氏の現代小説「木漏れ日の下で 五十二歳の秘密基地」、桜木紫乃氏の現代小説「シリーズ 漂流者 案山子」、東郷隆氏の歴史小説「忍者物語 鈎の系譜」、水沢秋生氏のミステリー「一之瀬英二の流儀」、いずれも必読です。

強力な連載小説は、今野敏氏の警察小説「マル暴甘糟」、中山七里氏の悪女一代記「嗤う淑女」、深町秋生氏の警察小説「死は望むところ」、いずれも絶好調です。そして睦月影郎氏の官能シリーズがスタート! 今号は「童貞喰い」。美熟女フェロモンあふれる短編です。

好評エッセイ「私のたからもの」は相場英雄氏が登場。伊東潤氏の「敗者烈伝」、津村記久子氏の「枕元の本棚」も絶賛連載中です。気鋭の作家によるエッセイ「オン・ステージ」は青崎有吾、伊兼源太郎、北大路公子の各氏が登場。書評ページJ’s Book Bar(末國善己、瀧井朝世、香山二三郎、札幌弘栄堂書店パセオ西店 坂 胤美各氏)など読み応えたっぷりです。