月刊J-novel2016年2月号

タグ
シリーズ
  • A5判
  • 2016年01月15日発売
  • 本体価格509円+税
  • 雑誌コード05103-0200-16
  • 品切重版未定
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
月刊J-novel2016年2月号

内容紹介

挑戦する文芸誌

新鋭・天祢涼氏の新連載「探偵ファミリーズ」がスタート。シェアハウスが舞台に展開する本格ミステリー、ご期待ください。
創作の背景や作品にこめた思いを綴る「新刊の舞台裏」コーナーには、2016年1月下旬発売予定の小社新刊から『六月三十一日の同窓会』の真梨幸子さんが登場。〝イヤミスの女王〟本領発揮の本作が生まれたきっかけは。小説とあわせてぜひお読みください。
同じく2016年1月下旬発売予定、花房観音氏『好色入道』の刊行を記念した特別企画、主人公・怪僧「秀建」による〈人生相談〉を企画しました。寄せられた赤裸々な悩みに、秀建はどう切り込むのか…お楽しみに!

充実の小説陣は、安達瑶氏の短期集中シリーズ「悪徳探偵Ⅱ」、五十嵐貴久氏「ベスト・フレンズ・ウエディング」、江上剛氏の金融ミステリー「銀行支店長、走る」、大島真寿美氏が或る女の生涯を綴る「ツタよ、ツタ」、柴田よしき氏の家族ドラマ「君がいた夏は」、小路幸也氏の喫茶店ミステリー「スローバラード」、田牧大和氏の時代小説「花簪職人四季覚」、馳星周氏のネイチャーサスペンス「神(カムイ)の涙」、森沢明夫氏のお仕事青春小説「たまちゃんのおつかい便」、薬丸岳氏が一人の男の罪と罰を描く「檻から出た蟬」、いずれも好調です! 秋吉理香子氏の婚活にまつわるエトセトラシリーズが今回で最終話を迎えます。

年齢をめぐるリレーエッセイ「AgeX」は、長編『羊と鋼の森』が好評を博している宮下奈都氏、自由なテーマでベスト3を語る「私の○○ベスト3」は須賀しのぶ氏、気鋭の作家によるエッセイ「オン・ステージ」には須藤靖貴氏が登場です。書評ページ「J’s Book Bar」今回は石井千湖、北上次郎、縄田一男、大矢博子の四氏が担当。読み応えたっぷりでお届けします!