ネルソン・フレディ・パディーリャ

ネルソン・フレディ・パディーリャ

(ネルソンフレディパディーリャ)

1969年コロンビア生まれのジャーナリスト・作家。現在はコロンビアの全国紙「エル・エスペクタドール」日曜版編集者。1995年よりボゴタのラ・サバナ大学にてジャーナリズムと文学の教鞭をとる。コロンビア通信社(Colprensa)で編集者を務め、雑誌「カンビオ」の調査部長としてノーベル賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスと働いた経験を持つ。

コロンビアの反政府左翼ゲリラFARCとの1998年から2000年におよぶ和平交渉に関する記事で、「オルテガ・イ・ガセット賞―イベロアメリカ・ジャーナリズム(Premio Iberoamericano Ortega y Gasset)」受賞。コロンビア内戦についての数々の執筆で、「インター・アメリカン・プレス賞(Sociedad Interamericana de Prensa)」、ザ・マイアミ・ヘラルド紙のジャーナリズム賞(Al Periodismo en Profundida、1995年)など多数受賞。2012年と2014年には「CPBコロンビア・ジャーナリズム賞(Premio Nacional de Periodismo de Colombia CPB)」受賞。その他、 スペインの「ドン・キホーテ賞(Premios Iberoamericanos Don Quijote、2006年)」と「ミゲル・エルナンデス賞(Miguel Hernández、2009年)」をジャーナリズムのカテゴリーで受賞し、「セイクス・バラル賞(Fundación Nuevo Periodismo Seix Barral、2007年)」の最終候補に残る。

著書にフィクションの『幼少の失敗(Fallas de origen)』とノンフィクションの『W杯を生きる(Vivir un mundial)』がある。(2015年8月6日現在)