木谷恭介

木谷恭介

(コタニキョウスケ)

1927年、大阪生まれ。私立甲陽学園卒。浅草の劇団「新風俗」、「三木トリロー文芸部」などを経て、ルポライターとして活躍。1977年頃より風俗営業の女性を題材とした小説で一躍注目を浴び、その後『赤い霧の殺人行』で旅情ミステリーの分野に進出。近年は宮之原警部が活躍するシリーズが人気を得ている。2012年に逝去。

 襟裳岬殺人事件

襟裳岬殺人事件木谷恭介自選集

「現代の伏魔殿」に宮之原警部が切り込む!

襟裳で女性の死体が見つかった翌日、約150km離れた然別温泉付近でその上司が服毒死した。背後には特殊法人の巨大な闇が…。

  • 新書判252ページ
  • 20100818発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408606095
  • 品切重版未定
 東北三大祭り殺人事件

東北三大祭り殺人事件木谷恭介自選集

花嫁候補5人を乗せて死のクルーズが始まる!

一代で世界的企業を育て上げたオーナー・戸塚犠平が花嫁を公募。候補5人の最終選考を豪華客船クルーズで行うというが…。

  • 新書判264ページ
  • 20100619発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408606033
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 加賀百万石伝説殺人事件

加賀百万石伝説殺人事件木谷恭介自選集

華やかな伝統の街を舞台に宮之原警部が怪事件に挑む!

石川県警本部捜査第一課の住之江沙代が知人の社長夫人から受けた奇怪な相談。沙代が捜査に乗り出すと署内からの妨害が!?

  • 新書判228ページ
  • 20100415発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408606002
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 菜の花幻想殺人事件

菜の花幻想殺人事件木谷恭介自選集

死体にまかれていた菜の花の意味は?

旧華族の令嬢・鳥飼春菜が、インターネット・オークションで“商品”として競売されているのを知った婚約者・平館圭太は…。

  • 新書判228ページ
  • 20100219発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605920
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 札幌源氏香殺人事件

札幌源氏香殺人事件木谷恭介自選集

現場に残されていたのは謎の数字…

都内のホテルで殺されたフレーバリスト(香料研究者)。さらに被害者の香道の師も、他殺体で発見され…。

  • 新書判260ページ
  • 20091211発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605845
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 豊後水道殺人事件

豊後水道殺人事件木谷恭介自選集

アンティーク時計に仕組まれた完全犯罪の罠

四国・八幡浜市の時計店主が死体で発見された。金目当ての殺人か、彼に時計を預けた代議士を巻き込む陰謀なのか…。

  • 新書判224ページ
  • 20091017発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605784
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 阿寒湖わらべ唄殺人事件

阿寒湖わらべ唄殺人事件木谷恭介自選集

記憶喪失の美女の死に27年前の真実が!

27年前、記憶を喪失したまま雄阿寒岳で発見された謎の美女・青沼ふき子。娘の美弥子と宮之原警部が真相を追う!

  • 新書判276ページ
  • 20090829発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605661
  • 品切重版未定
 蓮如伝説殺人事件

蓮如伝説殺人事件木谷恭介自選集

事件の闇に迫る宮之原警部の名推理

愛媛県警の大鷹鬼平刑事の親友・岡本秀輝が殺された。住職をしており、一月前の同窓会であったばかりだった…。

  • 新書判240ページ
  • 20090619発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605579
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 京都華道家元殺人事件

京都華道家元殺人事件木谷恭介自選集

虚飾の世界に挑む宮之原警部の名推理

日本最大の華道流派家元の弟に、公金横領のスキャンダルが。押し寄せた取材陣の前で、彼は天誅を叫ぶ男に刺殺され…。

  • 新書判308ページ
  • 20090417発売
  • 本体価格 886円+税
  • ISBN 9784408605494
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 日南海岸殺人事件

日南海岸殺人事件木谷恭介自選集

真実の追及か 殺された父の名誉か

パチンコ店の銃撃事件を目撃した桑野香津子は、刑事の父に連絡。だが、現場に出動した父は、翌日、死体で発見された。

  • 新書判332ページ
  • 20090218発売
  • 本体価格 886円+税
  • ISBN 9784408605401
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 京都柚子の里殺人事件

京都柚子の里殺人事件木谷恭介自選集

宮之原警部に恋する三人の美女を巻き込む連続殺人

椎名紗智、平瀬玻奈子、瑠璃川凌を巻き込み、「隠れ里」嵯峨水尾で企まれた完全犯罪は、宮之原に対する挑戦状か!?

  • 新書判260ページ
  • 20081210発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605296
  • 品切重版未定
 野麦峠殺人事件

野麦峠殺人事件木谷恭介自選集

峠を越えて女は死出の旅へ…?

「未婚の母」告白の会見をした人気女優・仁科奈津子が失踪し、野麦峠のふもとで首を吊って死んだ。所轄署は自殺説だが…。

  • 新書判276ページ
  • 20081018発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605227
  • 品切重版未定
 土佐わらべ唄殺人事件

土佐わらべ唄殺人事件木谷恭介自選集

廃校の音楽室に響く、悲しい死のピアノ曲

廃校となった小学校の音楽室で、ひとりでピアノの練習をしていた竹脇朋絵が殺された。第一発見者の朋絵の夫が疑われるが。

  • 新書判272ページ
  • 20080820発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 9784408605128
  • 品切重版未定