特集・記事

10月28日(火)のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に、能楽師の安田登さんがゲスト出演

共有する
関連ワード
10月28日(火)のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に、能楽師の安田登さんがゲスト出演画像1
10月28日(火)のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に、
能楽師の安田登さんがゲスト出演。
パーソナリティの荻上チキさん、アシスタントの南部広美さんと、
『芸術の秋! 能の世界に触れる!』と題してトークを展開。

「能って興味あるけど敷居が高い、そもそも能と狂言ってどう違うの?」
というリスナーの素朴な疑問を解きほぐし、
能がちょっぴり身近になる入門編の解説をいただきました。
さらには、「昔の能はラップだった!?」なんて話も飛び出して、
これはもう、能楽堂に行ってみないともったいないという結論に(?)。

能楽師はどんな稽古をしているのか、能と武士との関係、
信長はなぜ戦の前に「敦盛」を舞ったのか、などなど、
詳しくは『肝をゆるめる身体作法』でも紹介されています。

番組の模様は、ポッドキャスティングで配信されています。