特集・記事

『これから3年、日本と「地球経済」で起きること』刊行記念 浜矩子先生講演会 開催

共有する
関連ワード
『これから3年、日本と「地球経済」で起きること』刊行記念 浜矩子先生講演会 開催画像1
「根拠なき熱狂」か? デフレ脱出か?

“闘うエコノミスト”が、アベノミクスの矛盾、
まだまだ地雷内包のユーロ圏、通貨とTPPによる世界分断等、
いま話題の経済諸問題を「座標軸」を用いて怜悧に分析!
日本と「地球経済」の現状と未来が読めてくる!

日時:2013年5月27日(月)19時~20時30分(開場:18時30分)
※終了後、サイン会を実施予定

講演内容の一部は後日動画にて公開いたします。

場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
参加費:無料
参加定員:80名(申し込み先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法:
八重洲ブックセンター本店1階サービスカウンターにて受付いたします。
また、お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)

主催:八重洲ブックセンター 協賛:実業之日本社


【講演者紹介】
浜 矩子(はま・のりこ)
同志社大学大学院ビジネス研究科教授
1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。1975年三菱総合研究所入社以後、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミスト、経済調査部長などを経て、2002年より現職に。専攻はマクロ経済分析、国際経済。多くのメディアにも登場し、その広範な視野、分析力、明快な語り口のファンも多い。主な著書に、『誰が「地球経済」を殺すのか』(小社)、『グローバル恐慌』(岩波新書)、『新・国富論』(文春新書)などがある。