札幌時計台殺人事件木谷恭介自選集

タグ
シリーズ
  • 新書判320ページ
  • 2014年05月15日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-60685-9
    • 品切重版未定
札幌時計台殺人事件

内容紹介

残忍な犯行を繰り返す死んだはずの男

東日本を中心に880ヵ所の店舗を展開する宝飾会社・ジュエリー伽羅は、原材料の調達から販売までを一貫したシステムでおこない急成長を続けていた。そのワンマン社長・水野が、刃物で何度も刺されて殺された。現場は札幌。恒例の販売目標達成記念表彰式の行われる予定だったホテルの一室だった。イベントに同行し事件に巻き込まれた社長秘書の塚本珠代は、自らへの疑いを晴らすために、宮之原警部に協力し調査に乗り出す。ところが二人の調査で浮かび上がってきた容疑者は、なんと7年前に自殺したはずの男だった。その男は当時、銀行で起きた横領事件に関係していたことも判明する。そして、さらなる惨劇が……! さわやかな初夏の札幌を舞台に、宮之原警部が難事件に挑む。