逃げろ光彦内田康夫と5人の女たち

タグ
シリーズ
  • 新書判240ページ
  • 2005年10月19日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60341-4
    • 品切重版未定
逃げろ光彦

内容紹介

レストランで隣り合わせた女性が忘れていった携帯電話を、ふとしたきっかけで手にした浅見光彦は、メッセージのなかに奇妙な暗号のようなものが書かれているのに気づいた。さっそく、軽井沢のセンセと共に、解読を試みるものの、なかなか判読できない。光彦はもう一度レストランを訪ねたが、なぜか店を出たところで何者かに追いかけられることに……あわてて軽井沢のセンセがカンヅメになっているホテルに逃げ込んだ光彦を待っていたものは、そのレストランの従業員が殺されたというニュースだった。書き下ろしの表題作を収録した話題の作品集。