算数宇宙の冒険

タグ
シリーズ
  • A6判432ページ
  • 2012年02月03日発売
  • 本体価格 686円+税
  • ISBN 978-4-408-55065-7
    • 品切重版未定
算数宇宙の冒険

内容紹介

宇宙も音楽も感じられる算数、それはワンダーランド。

神秘性で知られた、東京郊外の桃山町。小学6年生の千葉空良(そら)と河邑(かわむら)ユーキ、紺野アランの3人組は、算術絵馬で名高い地元神社への冒険を始めた。それを機に起こる偶然の暗合――高等数学が得意な転校生の出現、担任の先生から誘われた算数宇宙杯への出場。空良たちはさらに、素数の正体、ゼータ関数の定義を経て、ファンタジックな複素数の世界へ……。数学小説の傑作!