高尾山 魔界の彷徨私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • 新書判248ページ
  • 2011年01月20日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-50529-9
    • 品切重版未定
高尾山 魔界の彷徨

内容紹介

森には死を招く魔物が棲んでいるのか――

東京・葛飾区亀有にある小仏探偵事務所を訪れた男性中学教師は、教え子の女生徒との関係を知られたことで脅迫されているという。その脅迫相手である女は自らを警視庁刑事だと称している。その女はニセ刑事だと睨んだ小仏太郎は、教師、教え子と相談の上、脅迫金の受取り現場で待ち伏せするが、女は現われなかった。翌日、都心にほど近い高尾山の森林で死体が発見され、高尾署に呼び出された小仏が見たものとは……下町探偵が惨劇の謎を追う書き下ろし傑作ミステリーシリーズ第5弾!!