八甲田山殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判296ページ
  • 2009年12月18日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-50517-6
    • 品切重版未定
八甲田山殺人事件

内容紹介

「八戸ノサトニカエル」謎の伝言が暗示する真相は?

有名ニュースキャスターの娘が、都内アパートの浴槽で「凍死体」となって発見された! その恋人・人気モデルの小嶋英介の関与が疑われたが、彼もまた雪の八甲田山で“顔を潰された”無残な姿で見つかった……。誰からも好かれる人柄のよさで知られる二人には、怨まれる理由もなく捜査は行き詰まる。しかし、現場のアパートに残された謎めいた落書きと不思議なモノクロームのスケッチの数々、さらに弘前の郷土玩具の鳩笛から、志垣と和久井ら捜査陣は、東京と青森の秘湯とを結ぶ事件の真相にたどり着いた!