十和田・奥入瀬殺人回流

タグ
シリーズ
  • 新書判280ページ
  • 2007年11月20日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50488-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
十和田・奥入瀬殺人回流

内容紹介

紺碧の湖に映る殺意は血塗られた奔流となった!

東京下町の亀有にある小仏探偵事務所に一本の依頼電話が掛かった。依頼者の最上という男は、[出会い]クラブで知り合い、交際を始めた女性・沢辺美保の素姓を早急に調べてほしいという。美保に何度となく金を援助してきた最上は、銀行員だという美保が何らかの事情を抱えているのではないかと疑っているのだった。小仏は客を装って、最上に女を紹介したクラブ「クリスタルナイト」の調査を始めるが、調査員のイソが襲われ、美保は郷里の青森県十和田市に帰省するとの知らせが……私立探偵・小仏太郎が[出会い]クラブの闇に迫る書き下ろし傑作長編ミステリー!