逆転発想の勝利学全日本女子バレーボールチームに変化をもたらした独自戦略

タグ
シリーズ
  • 四六判212ページ
  • 2012年05月19日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-45394-1
    • 品切重版未定
逆転発想の勝利学

内容紹介

勝負師マナベが語る! 強者を倒すためのメンタリティー

独自のセッター哲学、人心掌握術で全日本女子バレーボールチームを牽引している眞鍋政義。原点には、自らの弱点を見極めたうえで、相手とどう戦うかを分析するメンタリティーがあった。日本人選手は高さや体力では世界のトップ選手にはかなわない。だから、スピードや技術など、その他の要素を追求してきた。今まで前例がなかったコーチ分業制を導入したのも、それが勝つために必要だと感じたから。常識にとらわれずに柔軟に対応するのが眞鍋流だ。また、緻密なデータ分析を徹底し、iPadを導入した秘話も明らかにする。幼少時代から現役時代までを振り返りながら、日本オリジナルのバレーボールを確立させた眞鍋政義が、強さの秘密を語る!

目次

【プロローグ】2011年W杯4位の真実

【第一章】マナベの原点
世界遺産が遊び場だった
バレーボールとの出合い
ツルの一声でセッター起用
ボールと腹を割って話す
ボール拾いも練習だ
初めての全日本
鉄の男になる

【第ニ章】鉄は熱いうちに打て
打倒・富士フイルム
勝利のための地道な作業
日の目を見なかった“秘策”
常識の先に世界一はない
世界を知ることが世界一への第一歩
セッター冥利に尽きる経験
新日鐵の伝統・選手兼任監督

【第三章】新天地を求めて
燃え尽きるまで現役で
若い選手にも挑戦してほしい
日本バレーボール界復帰
勝者のメンタリティー
40歳を過ぎての新たな挑戦
マナベのセッター哲学
「もっている人」の条件

【第四章】監督がチームを変える
女子と男子の大きな違い
公平性を保つための数字
女子チームを指導する喜び
オリンピックの重圧
再び、夢の舞台へ

【第五章】眞鍋ジャパン世界への挑戦
マナベのノート活用術
日本が強くなるために
モチベーションを上げる目標設定
ゆとりを持たせる発想の転換
日本オリジナルバレーの追求
日の丸を背負うということ
マナベ流ミーティング術
スターティングメンバーを見極める
トイレの神様のささやき
監督はモチベーター

【第六章】データが教えてくれたこと
私はアナログ人間だ
データは活用次第
監督の腕の見せ所
データ力で世界一を目指す
データを分析する緻密さ

【あとがき】弱点は補えばいい