斎藤忠

斎藤忠

(サイトウタダシ)

1957年、埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。
フリージャーナリストとして活躍。農業誌『菜園王』(国書刊行会)の編集長を2002年より5年間、務める。長年、日本史の研究を続ける。『聖書』研究にも造詣が深い。埼玉県比企郡に在住。
おもな著書に、『古代史定説に異議あり』(青年書館)、『あざむかれた王朝交替 日本建国の謎』『「三国志」を陰で操った倭王卑弥呼』『裏天皇の謎と安倍晴明』『キリストになろうとした魔王信長』(学研パブリッシング)、『解読された「聖書」とイエスの謎』(日本文芸社)、『封印されたマリアのキリスト教』(学習研究社)などがある。(2019年6月現在)

 天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実

天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実

海外の史料に基づき本能寺の変を綿密に検証する!

宣教師の報告書に書かれた信長・光秀の姿は、巷間伝えられる二人の姿とは違う?海外の史料に基づき本能寺の変を綿密に検証する!

  • 新書判336ページ
  • 20190704発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 9784408338644
  • 発売予定