影山貴彦

影山貴彦

(カゲヤマタカヒコ)

1962年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。同志社女子大学メディア創造学科教授。専門は「メディアエンターテインメント論」。元毎日放送(MBS)プロデューサー、名誉職員。著書に「テレビのゆくえ」(世界思想社)「影山教授の教え子が泣きにくる。」(雇用開発センター)「おっさん力」(PHP研究所)他。「影山貴彦のテレビ燦々」(毎日新聞)をはじめ、「関西ウォーカー」(KADOKAWA)、「読みテレ」(読売テレビ)などでテレビコラム連載中。朝日放送(ABC)ラジオ番組審議会委員長。 (2019年6月現在)

 テレビドラマでわかる平成社会風俗史

テレビドラマでわかる平成社会風俗史

ドラマを見れば、時代を象徴する要素が散りばめられている!

30年間のテレビドラマを振り返ると、テーマも俳優も演出もすべて社会を色濃く写し出していた!エンタメの切り口で見る平成史。

  • 新書判192ページ
  • 20190704発売
  • 本体価格 950円+税
  • ISBN 9784408338705
  • 発売予定