鈴木タケル

鈴木タケル

(スズキタケル)

幼少時からゴルフに親しみ、ツアープロを目指す。30歳からティーチングの世界に進み、2010年ティーチングプロA級取得。左打ちを取り入れた上達法「スイッチゴルフメソッド」を考案するなど、理論と指導力には定評がある。国際武道大学ほか研究機関でゴルフを学術的に研究。日本プロゴルフ協会資格認証委員会専門指導委員として、指導者の指導にあたるほか、PGAゴルフアカデミーでレッスン活動を展開。1976年生まれ。静岡県出身。(2017年12月現在)