樋野興夫

樋野興夫

(ヒノオキオ)

島根県出身の医師、大学教授。1979年に愛媛大学医学部を卒業後、がん研究所に入所。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センターや米国フォックスチェイスがんセンターなどを経て、順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授に就任。2008年に開設した「がん哲学外来」は、がん患者たちの駆け込み寺としても知られている。主な著書に『いい覚悟で生きる がん哲学外来から広がる言葉の処方箋/小学館』『がん哲学外来コーディネーター/みみずく舎,医学評論社』『がん哲学外来の話 殺到した患者と家族が笑顔を取り戻す/小学館』『使命を生きるということ/青海社(柏木哲夫との共著)』『がん哲学外来入門/毎日新聞出版』『がん予備軍のあなたへ/かもがわ出版(金子安比古,暉峻淑子との共著)』『がんと暮らす人のために がん哲学の知恵/主婦の友社』『末期がん、その不安と怖れがなくなる日/主婦の友社』『がん哲学 がん細胞から人間社会の病理を見る/キリスト新聞社』などがある。

 「今日」という日の花を摘む

「今日」という日の花を摘む

心がほっこりする「言葉のちから」

ベストセラー「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」の著者による愛と勇気と生きる希望がわく言葉集。

  • 新書判256ページ
  • 20160630発売
  • 本体価格 1100円+税
  • ISBN 9784408111988
  • 在庫あり
    電子書籍あり