高林直樹

高林直樹

(タカバヤシナオキ)

1951年千葉県鴨川市生まれ。東京大学理学部地学科地理学専攻卒。千葉県史料研究財団事業第1課長、千葉県公立高等学校教諭・校長を経て、聖徳大学AO入試研究センター教授を定年退職し、現在、鴨川ふるさと大使。この傍ら、千葉県史、千葉県議会史、千葉県内の市町村史等の執筆に従事。 おもな共著書に『千葉県地名大辞典』(角川書店)、『千葉県の百年』(山川出版社)、『千葉県の歴史 通史編』近現代1~3(千葉県)、『千葉県議会史』第5~10巻(千葉県議会)、『千葉県企業庁事業の軌跡』(千葉県企業土地管理局)、『鴨川市史 通史編』(鴨川市)、『勝浦市史 通史編』(勝浦市)、『印西市歴史読本 近代・現代編』(印西市)など。監修として『千葉「地理・地名・地図」の謎』(実業之日本社)がある。(2017年10月現在)

 京成沿線の不思議と謎

京成沿線の不思議と謎

東京ディスニーランドは京成電鉄が作った???

京成沿線とその地域にひそむ不思議をひも解くとそこには思わぬ背景が!読めば普段見慣れた風景が変わって見えてくる一冊。

  • 新書判192ページ
  • 20171102発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 9784408337470
  • 在庫あり