リサ・ラーソン

リサ・ラーソン

(リサラーソン)

スウェーデンを代表する陶芸家。1931年生まれ。スウェーデンの美術学校を卒業後、陶芸会社グスタフスベリで数々の人気作品を創作。1979年に退社後フリーデザイナーとして活躍し、現在も精力的に活動を続けている。1992年にケラミークステューディオン社を設立、作品を復刻している。愛嬌と素朴さを兼ね備えた動物などの作品は本国のみならず、世界中で愛されている。(2015年6月11日現在)