大山加奈

大山加奈

(オオヤマカナ)

小学校2年生からバレーボールを始め、6年生の時に全日本バレーボール小学生大会で日本一に輝く。成徳学園中学、成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)に進学し、小中高すべての年代で全国制覇を経験。高校時代は主将を務め、インターハイ、国体、春高バレーの三冠を達成した。2001年には日本代表に初選出。翌年、唯一の高校生プレーヤーとして世界選手権、釜山アジア大会に出場した。2003年、東レ・アローズに入団し、同年のワールドカップでは19歳の若きエースとして活躍。一躍、誰からも知られる「バレーボール界の顔」となり、2004年のアテネ五輪に出場した。2010年6月現役引退。その後はバレーボールの普及活動を精力的に行い、テレビの解説やリポーターとしても活躍している。1984年6月19日生まれ、東京都出身。(2019年3月現在)

 バレーボール 基本テク&練習法

バレーボール 基本テク&練習法

オリンピアン大山加奈が全面監修
楽しみながら上達できる!

バレーボールの基本技術からウォーミングアップ法、チーム練習まで完全網羅。人気オリンピアンが上達のコツをわかりやすく解説。

  • A5判192ページ
  • 20190328発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 9784408338507
  • 在庫あり
 バレーボール 練習法&上達テクニック

バレーボール 練習法&上達テクニック

元トッププレーヤーが実践してきた練習法が満載

レシーブ、トス、スパイク、ブロック、サーブなどのテクニックを紹介。初心者でも確実に上達できるポイントをわかりやすく解説する。

  • A5判176ページ
  • 20130130発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 9784408454252
  • 在庫あり