商品一覧にもどる▲
「生きる」ってなんだろう(全6巻)

各巻定価(本体2,000円+税)
全6巻揃定価(揃本体12,000円+税)*ケース入り
A4判変形/各48ページ/文字と絵がほぼ半々で構成されています。
対象=小学校高学年~中学校

朝の読書に最適! 総合的な学習に便利!
各分野第一線の著者が執筆。本物の世界に触れ、興味が深まります。
読みやすい文章と豊富なイラストで、最後まで楽しく読み通せます。
各巻末にブックガイドつき。子どもたちを、発展的な学習に導きます。
正しい答えは、ありません。でも、考えるヒントは、ここにあります。
いのちの誕生、健康なからだ、こころの成長、人と社会、地球と環境、老いと死をテーマに、「生きる」とはどういうことかを考えるシリーズです。

書名をクリックすると、インターネット購入用のページにつながります。
「生きる」ってなんだろう(全6巻) 文章と挿絵で
構成しました。
各分野の第一線の著者が執筆しました。
[1] キタナイはキレイ
キレイはキタナイ
微生物と地球の関係を知ろう


藤田紘一郎=著

マツオミホ=絵
カイチュー博士として有名な藤田紘一郎さんが、キレイだと思っていたものが実はキタナくて、キタナイと思っていたものが実はキレイだということを、寄生虫学や感染免疫学の専門知識をもとに、楽しく、わかりやすく解説くれます。
[2] うまれるいのち
つながるいのち
生と性を見つめよう


きくちさかえ=著

三輪滋=絵
マタニティ・コーディネーターとして、出産準備教室や出産情報メディアの企画・運営に携わっているきくちさかえさんが、科学的ないのちの誕生、赤ちゃんの持つエネルギー、母親や父親と赤ちゃんの関わり、思春期の性などについて、やさしく語ってくれます。
[3] 元気なからだは
食べものでつくる
自然から暮らしを見直そう


真弓定夫=著

大高郁子=絵
小児科医の真弓定夫さんは、薬をできるだけ使わず、人間が本来持つ自然治癒力を高めることが大切だという観点から、その基本である「食べること」を中心に、自分のからだと心を自分自身で健康に育てるための心構えを伝えてくれます。
[4] きらいな自分
なりたい自分
自分らしさを伝えよう


佐藤綾子=著

新田岳=絵
周囲の人を理解し、自分の意思をうまく伝える能力「パフォーマンス力」を研究している心理学博士の佐藤綾子さんが、親や友人、異性の友達などに自分のことを理解してもらう方法や、自分の夢をかなえる方法について、具体的に教えてくれます。
[5] 「老い」ってなに?
「死」ってなに?
人生の先輩と仲良くなろう


山本克彦=著

新井由木子=絵
高齢者福祉、保育や遊び、自然教育など幅広い分野で活動中の山本克彦さんが、「年をとるとはどういうことか」「お年寄りと、どう付き合えばよいか」「死ぬとはどういうことか」などについて、身近な例をたくさん織り込んで興味深い話を聞かせてくれます。
[6] ホームレスだった
ぼくから、きみたちへ
共に生きる社会を考えよう


松井計=著

磯倉哲=絵
妻の病気など様々なトラブルが重なってホームレスとなった経験を持つ小説家の松井計さんが、自らの体験をもとに「ホームレス」の実像を語るとともに、「汚いから排除する」のではなく、「共生」するということの大切さを力強く訴えます。
このページTOPにもどる▲
Copyright(c) 2000-2017, Jitsugyo no Nihon Sha, Ltd. All rights reserved.