穂高屏風岩殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2015年03月19日発売
  • 本体価格 920円+税
  • ISBN 978-4-408-60695-8
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
穂高屏風岩殺人事件

内容紹介

不自然な遺体の損傷の謎に、道原刑事が挑む!

北アルプス奥上高地の山小屋に、夕刻、一人の女性登山者が蒼い顔を駈け込んできた。彼女の名は毛利晶子。恋人の坂東真司と?風岩の最上部、?風ノ頭で待ち合わせたのだが、彼が現れないと言うのだ。翌日坂東は?風岩の基部で発見された。ヘルメットは脱げ、頭部は大きく損傷していた。死亡事故だ。

しかし、遺体収容作業に当たった山岳救助隊の小室主任は、そこに事件の匂いをかぎ取った。急峻な岸壁から転落したとしても、頭部以外に大きな傷がないのはなぜか? 小室主任から報告を受けた道原伝吉刑事が、早速調査を開始、坂東と晶子の背景を調べるため、東京へ向かう。