十津川警部 北陸新幹線殺人事件

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判272ページ
  • 2018年06月06日発売
  • 本体価格 602円+税
  • ISBN 978-4-408-55422-8
    • 発売予定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
十津川警部 北陸新幹線殺人事件

内容紹介

十津川警部、金沢&マニラへ!

一番列車で狙われた男!
戦地からの手紙に書かれた歴史の真実は!?
十津川警部、金沢&マニラへ!

北陸路を震撼させた事件に戦争の闇が!?
鉄道雑誌の記者・伊東は北陸新幹線の一番列車の取材のためグリーン席の切符を買う。
しかし、見知らぬ男から持ちかけられ、豪華客席グランクラスの切符と交換する。
ところがそのグリーン車で殺人事件が発生した。
被害者の男は元図書館員で、四年前にフィリピンに移住。
太平洋戦争に強い関心を持っていたという。
男は、彼の祖父が戦争中に遺した手紙と日記を大事にしていたようだ。
事件の手がかりになると見た十津川はマニラと金沢へ向うが…!?

目次

【目次】
第一章 三月十四日
第二章 被害者の顔
第三章 手 紙
第四章 レイテ決戦
第五章 日本を捨てた男
第六章 平和と戦争と
第七章 最後の戦い