十津川警部 八月十四日夜の殺人

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判272ページ
  • 2017年08月04日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55377-1
    • 在庫あり
十津川警部 八月十四日夜の殺人

内容紹介

知られざる歴史の闇に十津川警部が挑む!

連続殺人の謎を解く鍵は終戦記念日に!?
一日の違いが日本の運命を変えた!?
知られざる歴史の闇に十津川警部が挑む!

都内のホテルで八月十四日の深夜に殺された女性は、
伊勢神宮に吟行の旅に出かけていた有名な俳句の先生だった。
手掛かりも動機も見えない殺人事件に捜査は難航を極める。
しかし、十年前に「八月十五日の殺人」と呼ばれる事件が起きていたとの情報があり、
十津川警部は京都へ。
さらに二十年前も「八月十五日の殺人」が……事件の真相には戦争の影が!?

目次

【目次】
第一章 伊勢参り行
第二章 三条河原町
第三章 八回目の八月十五日
第四章 玉音放送
第五章 二千三百人の死
第六章 殺人者の顔
第七章 戦争その理不尽なるもの

解説/郷原 宏