鉄道少年

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判288ページ
  • 2017年04月04日発売
  • 本体価格 620円+税
  • ISBN 978-4-408-55352-8
    • 在庫あり
鉄道少年

内容紹介

切なくて温かい人と鉄道の「絆」の物語

国鉄が健在だった1981年、北海道から東京までひとりで旅をする不思議な男の子がいた。
室蘭本線、中央線、東海道線、相模線……男の子の存在は出会った人々の記憶に深く刻まれる。
彼はなぜひとりで旅しているのだろう。
成長した「わたし」は、思いがけない形で自らの過去を知ることになるが――
家族・青春小説の名手が贈る、謎と希望に満ちた感動の物語

梯久美子氏の解説より一部抜粋

「本書には佐川さんの小説にはめずらしくミステリーの要素があり、
またファンタジックな側面もあるが、一方でいつもの佐川さんらしく、
地に足の着いたリアリティと生活感があり、成長小説、職業小説としても読むことができる。

そこに鉄道が大きくかかわってくるのが私のような鉄道ファンにはたまらないのだが、
とくに鉄道好きというわけではない人にとっても、
主人公とともに電車に乗って旅をしながら謎を解いていく過程は、ワクワクしたり、
しんみりしたり、涙したりしながら、やがては自分自身の過去と未来に思いをはせる、
特別な読書体験となるに違いない」