龍馬の生きざま

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判352ページ
  • 2017年02月02日発売
  • 本体価格 648円+税
  • ISBN 978-4-408-55345-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
龍馬の生きざま

内容紹介

没後150年特別企画 日本人のヒーローの真実! 人々が見た龍馬の魅力とは?

伝説ではない、真実の龍馬!

没後150年 特別編集
豪華作家陣が描く!! 傑作歴史・時代作品集

1867年、京の近江屋で暗殺された龍馬。
尊皇攘夷の嵐が吹き荒れる幕末、いち早く海外貿易の重要性を指摘し、
私設海軍にして貿易会社の海援隊を組織するなど、その先見性と行動力は評価され、
今も人気を誇る。
妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井信郎、人斬り以蔵らが見た、真実の姿とは。
龍馬の生涯に新たな光を当てた傑作歴史・時代作品集。
解説/末國善己

目次

【収録作品】
伴野朗
「坂本龍馬の写真」

安部龍太郎
「斬奸刀」

阿井景子
「乙女」

津本陽
「うそつき小次郎と竜馬」

隆慶一郎
「異説 猿ヶ辻の変」

大岡昇平
「竜馬殺し」

新宮正春
「坂本龍馬の眉間」

北原亞以子
「お龍」