復讐の血

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判304ページ
  • 2016年12月03日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55325-2
    • 在庫あり
復讐の血

内容紹介

見えない罠の連続!! アウトローvs警察小説

何が真実で、誰が責任をとるのか?
新宿歌舞伎町の外れで、金融ヤクザが金髪男にメッタ刺しにされた。
被害者の財布に残された、手書きで綴られた数字のメモ。
総理事務秘書官と警視庁捜査一課刑事が事件を追う。
ゴールデン街の名物ママの死、金融庁審議官の沖縄宮古島での失踪、
日本を地獄に落とす株価瞬間暴落〈フラッシュ・クラッシュ〉、幾重にも張られた罠……。
凍りついた目をもつ男の真の目的とは。
戦慄と衝撃のラスト!
『ガラパゴス』『血の轍』の著者が贈る鎮魂歌

目次

第一章 発端
第二章 潜行
第三章 暗部
第四章 破裂
第五章 溶解
最終章 フラッシュ・クラッシュ