十津川警部捜査行 北国の愛、北国の死

タグ
シリーズ
  • A6判368ページ
  • 2016年08月02日発売
  • 本体価格 620円+税
  • ISBN 978-4-408-55306-1
    • 在庫あり
十津川警部捜査行 北国の愛、北国の死

内容紹介

函館発「特急おおぞら3号」に隠された
女性殺害事件の鍵とは――?

函館発「特急おおぞら3号」に隠された、女性殺害事件の鍵とは……?
十津川警部よ、鉄壁のアリバイを打ち崩せ!

都内在住の女が札幌近郊のモーテルで殺害された。
捜査にあたった亀井刑事は、被害者の東京の自宅からある男性の写真を発見する。
写真を見る限り、男は被害者女性の恋人のように思えたが、
よくよく見てみると、その男はなんと亀井の姪の恋人として紹介されたばかりの
花井という人物だった。
現在、姪と花井はふたりきりで北海道旅行中のはずだ。
札幌での殺人事件にこの花井がかかわっているのではないかという
疑念を持つ十津川警部と亀井だが、犯行時刻に花井はたしかに姪と汽車に乗っていたのだという。
事実、花井以外にも複数の容疑者が候補にあがっている。
しかし、悪い予感は頭を離れず……。(「おおぞら三号殺人事件」)

北国が舞台の傑作四編を収録。
疾走する列車が、凍える大地に死を招いた!
十津川警部が謎に挑む!
大人気トラベルミステリーシリーズ。