生かされる命をみつめて<自分を愛する>編五木寛之講演集

タグ
シリーズ
  • A6判256ページ
  • 2015年10月02日発売
  • 本体価格 556円+税
  • ISBN 978-4-408-55253-8
    • 在庫あり
生かされる命をみつめて<自分を愛する>編

内容紹介

五木寛之は語る――
孤独であることも わるくない。

自分を愛することは、世の中全体を愛すること。
他人を寛容する精神を尊べ。


『生かされる命をみつめて』<自分を愛する>編で著者は、絶望も希望も、主に人間のマインド面を語っている。

絶望状態のなかでもユーモア感覚を忘れない。老いもがんも許容する。自分にも他人にも寛容の精神を。「頑張れ」と言わずに、人にじっと寄り添う。ボランティアは自分が救われること。一日ひとつ、歓びの出来事をノートに書いてみた。立派に亡くなった人へは、涙でなく拍手を送る。人生には軌跡でなく存在の方を優先しよう。誰もが知る「青い鳥」には謎の結末があった。物語を創る人間になりたいと思った少年時代など、著者が50年近くかけて語った講演は、あなたに何をもたらすか。

目次

自分を愛することから
生かされる命をみつめて
影の濃さに光を知る
こころの傷
「慈」と「悲」
母親の涙
誰のために
歓びノート
人は泣きながら生まれてくる
憂いなきに似たり
生きているだけで
分け隔てなく
朝顔は闇の底に咲く
地獄を生き延びた人びと
舌はあるか
「青い鳥」を探して
物語を夢見て
人生という物語
普遍と個別
ふたつのことばを使い分ける
受け継いだことば
おかげさま
私たちはどこへいくのか