高尾山 魔界の殺人私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • A6判336ページ
  • 2014年06月05日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55171-5
    • 在庫あり
高尾山 魔界の殺人

内容紹介

登山客で賑わう山には死を招く魔物が棲んでいる!

東京・葛飾の小仏探偵事務所を訪れた男性中学教師は、教え子の女生徒との関係を知られたことで脅迫されているという。脅迫相手である女は自らを警視庁の刑事と称していた。偽刑事と睨んだ小仏は、教師、教え子と相談の上、脅迫金の受取り現場で待ちぶせするが、女は現われなかった。その頃、都心に近い高尾山の森林で死体が発見され…下町探偵が活躍する傑作ミステリー!「高尾山 魔界の彷徨」改題。[解説/ 細谷正充]

目次

第一章 スキャンダル
第二章 アクシデント
第三章 ノー・リターン
第四章 デストラクション
第五章 ダークネス
第六章 ベール
第七章 ナイト&ナイト