消えた将軍 大奥同心・村雨広の純心2

タグ
シリーズ
  • A6判256ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 552円+税
  • ISBN 978-4-408-55151-7
    • 在庫あり
消えた将軍 大奥同心・村雨広の純心2

内容紹介

大奥に渦巻く黒い陰謀に立ち向かう剣豪同心の活躍!

幕府の政治刷新に大ナタをふるう新井白石の家臣・村雨広は、剣の腕を見込まれて、現将軍・徳川家継の実母である月光院の警護を命じられている。月光院はかつて浅草の裏長屋で村雨の隣に住んでいた浪人の娘・お輝だった。ひそかに思いを寄せていた村雨は、運命を感じ、彼女を命を懸けて守り抜く覚悟を固めている。

紀州藩主徳川吉宗が仕掛ける幼い将軍家継の暗殺計画。次なる策は、尾張忍者を心理的に操り、将軍に襲いかからせるというおどろくべき謀略だった。一方、大奥同心・村雨広は、大奥を仕切る年寄絵島の不穏な動きに疑いを抱くが……異形の忍者たちと村雨たちの対決の行方は? 大奥に仕掛けられた黒い陰謀に敢然と立ち向かう「大奥同心」の活躍を描くシリーズ第2弾!